仕事の都合とはいえ、他地方で働くことを命じられたときには流石に面倒でした。普段住んでいる地域に愛着があるというほどではないにせよ、かといって不慣れなエリアで元気に過ごせるという自信もなく、正直に話すなら断りたいと思っていたのですが…。

一般的な社会人にその選択肢が選べるわけもなく、私は命じられるままに他地方へと移動しました。一応は1年くらいで帰って来られるらしいですが、気に入られた場合はさらに長引くかもしれないと言われ、真面目に働くべきかどうか悩ましいですね…。

ただ、いざ新天地で働き始めると良い点もありました。私の新しい拠点はそれなりに利便性のいい場所でして、繁華街にもアクセスしやすいことから、休日は気軽にお出かけができました。これまで住んていた場所は、繁華街へ行くにしても車がほぼ必須だったのです。

一応は「それなりに開けた場所だよ」とは聞いていたものの、いざ住んでみるとなかなかのものでして、「これなら、多少帰るのが遅くなってもいいかもなぁ」なんて思ってしまいました。また、女遊びに不自由しないのもいいですね。

私には彼女がいるのですが、流石に他地方へ来たら簡単には会えず、定期的に連絡するくらいに留まっています。だからこそ神待ち掲示板を使って遊んでもバレる可能性は低く、いろんな女性と気軽にセックスしていました。

彼女とは不仲だった訳でもありませんが、あまりセックスをさせてくれなかったので、その点だけはちょっと不満でした。彼女曰く、「セックスは特別なときにしたい」とのことでして、なにかの記念日でもなければ乗り気になってくれません。

そんな私がこっそりと神待ち掲示板を使い始めるというのは、ある意味自然なことだと思いませんか?彼女にバレたら大変なことになるのは百も承知ですが、この機会を逃せば神待ち女性を泊めるなんてできないので、慣れないエリアで仕事をするご褒美だと思っています。

個人的な感想ですが、神待ち掲示板には可愛い子が多いような気がします。彼女もまあまあ綺麗なのですが、神待ちしている女性の平均レベルのほうが高いような気がするので、これも楽しめている理由の一つになっているでしょう。

他地方へ行くことになると面倒かもしれませんが、家族や恋人の目から離れられるという利点もありますので、チャンスがあれば思いっきり羽を伸ばしてみるのもいいでしょう。もちろん、可能な限りバレないように配慮することも大切です。