異性との出会いが減ってきたとされる昨今ですが、『日常生活において一切異性との触れ合いがない男性』というのは逆に少数派でしょう。仲良くなれるかどうかはさておき、仕事や買い物にて女性とやり取りする機会は普通にあります。

このため、出会いが少ないと「女友達や職場の同僚と仲良くしてみようかな…」と思うかもしれませんし、欲求不満なら「せめてセックスだけでもさせてもらいたいな…」と思うかもしれませんが、それはおすすめできません。

なぜ女友達や同僚とセックスすべきではないか、そして代わりにどんな方法でセックスすべきかを考えていきましょう。

*女友達や同僚と肉体関係になるのはリスキー?

女性の友達や同僚というのは、同性の友人や同僚に比べてとても繊細な関係となっています。昔から『男女間の友情は成立しない』と言われていますが、実際に男女であればすぐに友情ではなく愛情を感じたり、性欲に流されてしまったりすることが多いです。

そして女性は肉体関係のある知り合いに対して特別な感情を持ちやすく、こちらは「セックスだけのつもりだった」と伝えても、相手は「責任を取って欲しい」と言うことがあり、それに応じないとどんな悪評を振り撒かれるか分かりません。

*神待ち女性なら1回きりの関係で後腐れなし

そこでセックスだけしたい男性におすすめしたいのが、『神待ち掲示板などで相手を探すこと』ですね。神待ちしている女性とは基本的に『1回だけ泊めてお礼にセックスをさせてもらう』といった関係でしかなく、女友達や同僚にありがちな面倒はありません。

もちろんお金などを要求されることもなく、「風俗だとお金がかかるし…」といった悩みとも無縁です。外食代などは発生するかもしれませんが、セックスできると思えば安いものでしょう。

*神待ち掲示板を使えば見つけやすいのもポイント

「でも、神待ちしている女性ってそんなに簡単に見つかるの?」と疑問に思うかもしれませんが、先ほどから書いている神待ち掲示板を使えば見つけやすいです。特に都市部に住んでいるならそれなりに多くの女性を見つけられるため、ムラッとしたときにすぐ使えるでしょう。

逆に地方に住んでいると神待ち女性も少なめの傾向があるため、人の多いエリアまで出られるかどうかを考慮してください。

*見知った相手との関係は慎重に維持しよう

見知った相手とは気軽に話せて楽チンかもしれませんが、肉体関係が加わるとそうもいきません。このため普段から関係の維持については慎重になり、もしもセックスをするのなら付き合うことを前提に交渉しましょう。